札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


肩こり

肩こりの症状

首から肩、背中にかけての詰まり感や重だるさ、痛み、張り感等が挙げられます。
圧痛やコリがひどくなるにつれてどんどん拡大していく事もあります。
おもに肩こりと言えば肩だけかと思いますが、これは日本人特有の解釈で海外では首のだるさや重い感じ、痛み、張り感が挙げられます。
また頸肩腕症候群の前駆症状、初期症状とも言われております。
病院でも確定的な治療法はなく湿布や痛み止めだけで済まされることも多く本当に困っている方には辛い症状となります。

肩こりの原因

原因としましては長い時間同じ姿勢でいるデスクワークがほとんどの原因になります。また交通事故などで外部から激しい衝撃が加わった際に誘発することも起こりうるようです。
長時間の同じ姿勢により肩周辺の筋肉が固まってしまい血流不足や、リンパの流れが悪くなり栄養が細部までいきわたらなくなることや疲労物質が流れなくなることによりこりやしこり張りとなって現れてしまいます。
そのような原因と並行して最近の研究で言われているのが筋膜のしわによりしわの寄った部分にコリができているとの研究結果も多くなってきています。
筋膜というのは全身の筋肉や骨、内臓に関連しているもので分かり易くたとえるとウェットスーツのようなものです。
そのウェットスーツのどこかにしわがよることによりコリが発生するということになります。そのしわの寄りやすいところが肩周辺であったり肩甲骨周りであるのです。

肩こりの予防法

予防法としましてはストレッチや軽い運動が挙げられます。
長時間のデスクワークにより起こることが多数を占めているので合間を見てストレッチをしたり週に一回くらいの軽い運動でもいいので体を動かし血流を良くすることにより疲労物質の蓄積をなくすことができます。
またセルフマッサージや温めてあげることも重要となってきます。

関連の筋肉

関連の筋肉といたしまして脊柱起立筋があります。
首から腰まで背骨の両側につく筋肉ですが長時間のデスクワークにより固まってしまい動きが悪くなることで脊椎の湾曲にも影響が出てきてしまいます。本来自然に曲がっていなければならない首の骨が筋肉が固まってしまう事により通常の位置に戻れなくなってしまいいわゆるストレートネックと言われる症状を併発する恐れもあります。
次に僧帽筋、こちらの筋肉は皆さんが肩こりを感じる筋肉になります。特に多いのが僧帽筋の上部でここに圧痛やコリが出ることが多くあります。
他には小胸筋、前側の烏口突起と言われる部分につく筋肉。
菱形筋、肩甲骨の内側につく筋肉。
小円筋、棘下筋、三角筋といった肩関節周辺につく筋肉も関連することが多いです。

ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ