札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


坐骨神経痛 

坐骨神経痛の症状

坐骨神経とは腰から足にでている人体でもっとも太い神経です。
この神経がおしり周りの筋肉のコリや張りにより圧迫されたり刺激されたりすることにより腰から足にかけてのしびれや痛みを引き起こします。
多くが腰痛から始まりだんだんとおしりから足にかけて進行していきます。
ひどくなると麻痺や歩行障害にまで発展することがある非常に怖い症状です。

坐骨神経痛の原因

年齢にもよりますが、若い方の場合多くが腰椎椎間板ヘルニアが原因で起こることもあります。
高齢になればなるほど腰部の脊柱管狭窄が原因として挙げられます。
他にも梨状筋と呼ばれる筋肉が坐骨神経を締め付けることにより発症します。

坐骨神経痛の予防

坐骨神経痛の予防としましては日常生活を改善することによりある程度防ぐことができます。
まず日頃デスクワークをするにしても正しい姿勢を保つことが重要になります。
二つ目としまして冷えを防止、私たちの身体は冷えに敏感に反応してしまいます。この冷えを防止し身体を温めてあげることで体への負担を減らすことができます。
3つ目に肥満の方は要注意です。自分の体重が重いとそれを支えている腰回りの筋肉や脊柱はかなりの負担がかかっています。
ダイエットをし肥満を解消するだけで腰痛や坐骨神経痛はかなり軽減されていくでしょう。
最後にストレッチや軽い運動をしてあげるといいです。
ストレッチにより筋肉をほぐしてあげたり、適度な運動で血流を改善してあげることが重要になってきます。
適度な運動に関しましてはダイエット効果もあるので特にいいです。

関連する筋肉

やはり一番関係性が深いのは梨状筋です。
坐骨神経というのは梨状筋の間から表に出てきます。その梨状筋の出入り口でなんらかの絞扼がある場合に坐骨神経痛が出てくることが多いです。
他の筋肉としましてはやはり腰回りの脊柱起立筋、臀部の中臀筋、大腰筋もほぐしてあげると坐骨神経痛を改善できます。
後は太もも裏からすねの方にもしびれが出る場合もあるので前脛骨筋、ハムストリングスの筋肉にもアプローチした方が効果は高いでしょう。

ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ