札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


腰椎椎間板ヘルニア

腰椎というのは5個に分かれた椎骨からできています。
体を支える脊柱のなかで最も大きな重さがかかっています。
さらに胸腰椎以降部からの可動性も大きい事が特徴です。
その様な理由から脊柱の中で一番負荷がかかりやすい場所になります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰椎椎間板ヘルニアはその部分に大きな負荷がかかったり何かしらの障害が発生した場合に椎間板に亀裂が入ることでその部分から髄核が飛び出してしまい神経をあ朴している状態になります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアになり初期の段階では腰痛が起こります。
その後徐々に片側の下肢にしびれ感や痛みだるさといった症状を引き起こします。
疼痛やしびれ感の位置は、腰椎の何番目が圧迫されるかにより異なります。
4・5番の腰椎の間の神経が圧迫された場合お尻から太もも足の親指にかけてしびれや痛みが出ます。
5番目と仙骨の間の神経が圧迫される場合太ももの裏から小指にかけてしびれや痛みが出ます。
上記の二つが腰椎ヘルニアの90%を占めると言われており好発部位となっております。
その理由としてはやはり荷重や動きの関係で腰椎の中でも一番負担がかかりやすいところになるからです。
さらに神経症状の強い場合は運動麻痺を起こしてしまう事もあります。
神経根の圧迫による完全な運動麻痺の回復は困難であり注意が必要です。

どんな人がなるのか?

好発年齢は20~40代の若い人に多い病気で人口の約1パーセントの人はヘルニアになっているとも言われています。
その他にもヘルニアは発症してはいるけど神経に触っていないがために神経症状が出ておらず気づいていない人も多く存在しています。
このようなヘルニア予備軍を入れると相当数に上る事でしょう。

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法

現在の治療方法としては保存療法が主流で痛み止め、コルセット、ブロック注射や手技療法で痛みを出ない状態を維持して自然とヘルニアが引っ込んでいくのを待つ、という治療が行われております。
多くの場合が3か月ほど保存療法を続けていると軽快していく事が多いです。
しかし3か月以上痛みが引かなかったりあまりに症状がひどくなってくると手術をするといった選択肢もあります。
手術まで行くのは全体の内の10~30パーセントほどと言われています。
しかし問題点として手術をすれば必ず良くなるという保証はなく5~10パーセントほどは再発することもあるので注意が必要です。
 

ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ