札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


腰椎分離すべり症

腰椎分離症は腰椎の椎体と椎弓離れてしまっている状態を言います。
椎体というのは腰椎の椎間板の前方についているもので、椎弓というのは後方部分にあるものです。
腰椎すべり症というのは分離症がさらにひどくなった状態です。
離れている椎体と椎弓の部分で後方で支えれなくなり前方にずれてしまっている状態を言います。
その様な状態が前方にすべっているようにみられるためすべり症と呼ばれます。

腰椎分離すべり症の原因

原因としては生まれつき離れてしまっている先天性のものと生活習慣や負担のかけすぎなどによる後天性のものがあります。
先天性のものは生まれつきに骨の形状が離れてしまっているのでかなりひどい分離症やすべり症になってしまいます。
後天性のものでは小学生などに多くみられ激しいスポーツが原因で腰椎を疲労骨折してしまう事などが理由にあげられます。

腰椎分離すべり症の症状

症状の現れ方としましては大体が腰痛から始まります。
小学生などで激しいスポーツをしている子が腰痛を発症する場合は腰椎分離症の可能性が高いでしょう。
その他には長時間に及ぶ立ち仕事や重たい荷物などを持つなどの時に激しい腰痛になる場合もあります。
基本的には腰を後ろにそるような動きをすることで痛みが強くなります。
また神経症状がみられる場合は下肢にしびれが出ることもあります。
脊柱管狭窄と同じような症状が出る場合もあり間欠性跛行などもたびたび見られます。

治療法

治療法としましては基本的にはコルセットの着用が重要になります。
また小学生など低年齢期はコルセットを着用することにより骨がくっつくこともあるので重要になってきます。
大人になってからは骨が完成されてしまっているので立ち仕事や重たいものを持つ際に負担を軽くするという意味でコルセットを着用する形になります。
また神経症状が出ている場合には神経ブロック注射を行います。
痛みに関しては痛み止めや血流改善の処置も施されます。
その他痛みを誘発しないようにマッサージなどで筋肉を柔らかく保つと言った事も需要です。
またあまりに症状がひどい場合に手術に至ることもあります。
手術では神経の圧迫を取り除くような手術だったり骨を固定するといった手術になります。
基本的には保存療法で様子を見るというかたちになりますのでもしマッサージで改善していきたいという方亜是非HOMEへお越しください。

ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ