札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


肩こりからくる頭痛はどんなものがあるの?

皆さんこんにちは!日頃肩こりでお悩みの方も多いのではないでしょうか?
本日はそんな中でも肩こりからくる頭痛について詳しくお話ししていきたいと思います。

肩こりからくる頭痛の原因は?

肩こりからくる頭痛の原因としてはやはり肩こりが重篤化することによって起こるというのが多いでしょう。
皆さんも経験があると思いますが肩こりがひどくなってくると頭痛が出るといった人も多いと思います。
原因としては単純で肩や首の筋肉疲労が起こっているんです。
基本的には肩がこることにより血液の流れが悪くなりその事により筋肉に栄養物質が流れなくなりさらには老廃物質も流すことができずになります。
その事により筋肉はどんどん疲労し硬くなってしまいます。
そうなると悪循環になり首や頭の筋肉にも同じようなことが起こり頭痛にまで発展していきます。
また頭というのは体の中でもかなり重い部分で成人では5キロ以上とも言われています。体重の約10%に当たります。
そのためただでさえ首や肩というのは負担がかかりやすく凝りやすい場所とも言えるのです。

肩こりからくる頭痛はどんなもの?

緊張型頭痛

肩こりからくる頭痛というのは基本的には肩こりにより肩や首の筋肉が凝り固まってしまい血流の流れが悪くなってしまう事により起こります。
主には緊張型頭痛が肩こりからくる頭痛と言われております。
緊張型頭痛というのは首や肩の筋肉のコリからくるのが原因で首や頭がギューっと締め付けられるような痛みがあります。
痛みの感覚としては鈍痛に近い痛みが出ることも特徴です。
痛みの期間としては一日の中でも良くなったり悪くなったりを繰り返し数日痛みが続くこともあります。

血管性の頭痛

メインとしては緊張型頭痛なのですがその他にも血管性の頭痛というのも増えてきています。
血管性頭痛と言われてもピンとこない方も多いと思いますが一般的に片頭痛と思っていただければいいと思います。
血管性の頭痛というのはこめかみのあたりがズキンズキンと脈打つように痛む頭痛が特徴になります。
血管性頭痛(片頭痛)は我慢できないくらい痛みが強いのが特徴です。
皆さんの頭皮にはたくさんの血管が張り巡らされています。
自律神経の内の交感神経が上手く働かなくなってしまう事により血管が拡張してしまいズキンズキンと言った痛みが出てしまいます。
他にもセロトニンの影響や三叉神経と呼ばれる目に近いところの神経が影響します。
血管性の頭痛の発生頻度は人により様々ですが、1週間で2回以上痛みが生じる場合があります。
原因としては飲酒などでも誘発されることが多いとされるためお酒のみの方で頭痛が出る方は飲酒を控える事も考えた方がいいでしょう。

肩こり以外の危険な頭痛も

今までに感じた事がない強い頭痛や突然の激しい頭痛、発熱が起こる頭痛、手のしびれや足のしびれを伴う頭痛、意識がもうろうとなってしまう頭痛などは危険な頭痛の可能性があります。
このような頭痛はくも膜下出血や脳出血、髄膜炎や脳腫瘍といった危険な頭痛が隠れている場合があります。
普段から頭痛がある方は頭痛に慣れてしまい安易に肩こりからくる頭痛だと思いがちです。
肩こりだけが原因と思わずこう言った症状も疑ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?肩こりからくる頭痛というのは様々な原因が考えられます。
ですが結局は肩こりを放っておくことにより頭痛までいってしまいなかなか改善できない、クセになってしまうと言った事が起こってしまいます。
賢いの方は頭痛が出てしまう前に肩こりを改善するのが費用も時間もかからず一番ではないかなと思います。
肩こりにはマッサージも効果的ですのでもしマッサージで肩こりを改善したい方はボディケアサロンHOMEへお越しください。
 

ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ