札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


吐き気が出る肩こりの原因と危険な信号

肩こりがひどくなることにより吐き気が出る場合もあります。
本日は肩こりから出る吐き気の原因ともしかしたら体から出ている危険な信号についてお話していきたいと思います。

肩こりからくる吐き気の原因

肩こりがひどくなると吐き気がする。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
肩が凝りすぎることにより吐き気まで出てしまう原因を見ていきましょう。

血行不良

⇒血液というのはいらない老廃物質を取り除いて体に必要な栄養物質を運んでくれる大事な役割があります。
もちろん筋肉の中も血液が流れているので正常に流れていれば筋肉の疲労物質を取り除き栄養を運んでくれます。
しかし肩が凝っているという事は筋肉が硬くなってしまっているという事です。筋肉が硬くなると当然その中を流れている血液の流れは悪くなってしまいます。
流れが悪くなるといらない物がどんどん溜まり必要なものが運ばれてこないわけですから筋肉は硬くなっていくという悪循環になってしまいます。
その繰り返しで肩こりはどんどん進行していき全身の血液の流れにまで影響してきます。そして内臓の働きまで悪くなり吐き気までしてきてしまうのです。

自律神経の影響

⇒自律神経というのは交感神経と副交感神経があり私たちの生活のリズムに深く関係しています。
首や肩周りというのはこの自律神経が豊富に分布しています。そのため首のコリや肩のコリを放置することによりこの自律神経多大な影響を及ぼします。
夜なかなか眠れない方や冷えがものすごくある、運動もしていないのに心臓がバクバクする、食欲がないなどと言った症状のある方は自律神経への影響を疑ってみてもいいでしょう。

脳への血流不足

⇒これは最初に紹介した血行不良とも関係しているのですが首や肩の筋肉が硬くなってしまう事により脳への血流量が少なくなってしまう事があります。
そうなると脳は酸素不足や栄養不足になりめまいや吐き気と言った症状になってしまいます。
また脳への血流量が少なくなる事とうつ病の関係もあるようです。
慢性的に肩こりがある方は注意が必要です。

吐き気を伴う危険な病気

こちらでは吐き気があった際に気を付けなければならない病気について紹介していきたいと思います。

脳出血

⇒嘔吐や頭痛、意識障害、片麻痺などを伴います。もともと高血圧の方がなりやすい疾患です。
脳出血は時間との勝負です。日頃から肩こりの吐き気を抱えている方はいつもの肩こりだと思わず万が一このような体の変化が起きた際はすぐに病院に行きましょう。
その他にもくも膜下出血や脳腫瘍などでも吐き気があります。意識障害がある場合は注意が必要です。

緑内障

⇒眼圧が急激に上昇することにより吐き気や頭痛と言った症状が出る場合があります。
緑内障の治療は早ければ早いほどいいです。目の痛みや視界に見えないところがあるといった症状のがある場合はすぐに眼科を受診しましょう。

その他

⇒他にも糖尿病や腎臓の病気、耳に関係する病気にも吐き気をきたす症状があります。
軽いものでは風邪や片頭痛と言ったものもありますがその後ろにある重大な病気を見逃さないようにしていきましょう。
あとこちらは病気でありませんが妊娠初期のつわりなどもございますので普段肩こりからくる吐き気で薬を飲んでいる方は注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?本日は肩こりからくる吐き気の原因と注意する疾患についてお話してきました。
普段から肩こりによる吐き気の症状がある方はこういった重大な病気に気が付きにくいです。ちょっとでもいつもと違うと感じたら専門家に相談してみてください。
肩こりからくる吐き気の場合は肩の筋肉ほぐしてあげると解消できるのでそう言った方は是非HOMEへご相談ください。

ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ