札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


むくみの6つ原因と5つの解消法とは?

むくみとは一体何なのか?

医療の現場では一般的に浮腫(ふしゅ)と呼ばれています。
人間の体内に不要な水分や老廃物質が血液中から血管やリンパ管の外、手足、顔などの皮下にしみだしてしまいおこるものです。
私たちの身体には不要な水分や老廃物を尿であったり汗で外に出していく大切な器官があります。
それが「リンパ管」というものですが、この「リンパ管」が機能しなくなると不要な水分や老廃物質が滞ってしまい「むくみ」状態となります。
さらに一度むくみが起こると、細胞へ栄養を吸収したり老廃物質の排出がうまくいかなくなってしまうため、むくみが発生しやすくなります。
なのでむくみが慢性化してしまうという悪循環にもなってしまいます。
 
 

むくみの原因とは?

 

1.自律神経の乱れにより起こる

⇒自律神経は体内に水分が溢れているとその余分な水分を外に出す働きがあります。
しかしその自律神経が乱れてしまっている場合その判断が上手くできません。
自律神経を乱す原因としてストレスや睡眠不足、疲労といったものが挙げられます。
 

2.塩分の過剰な摂取

⇒塩分を過剰にとることにより細胞の浸透圧の影響で血管の外に水分が過剰に出て行ってしまいます。
血管の外に出て行った水分によりむくみが起こります。
 

3.長時間の同じ姿勢

⇒長時間の立ち仕事やデスクワークで筋肉を使わない事が原因になります。
特に足の筋肉は心臓から遠いため筋ポンプ作用を使わないと血液をうまく運んであげることができません。
さらに足は重力の影響も受けるため血液が流れにくくむくみが強く起こる場所でもあります。
朝起きた際に顔がむくんでいたり、夕方になり足がむくんでくるというのはこういった重力の関係もあります。
 

4.アルコールの過剰摂取

⇒アルコールには利尿作用があります。
ではなんでそれなのにむくみになるかというとアルコールにはその他にも血管を拡張させるといった作用もあります。
そのため血管から外にどんどん水分が出て行ってしまいます。
そのためリンパ官による水分の処理が間に合わなくなりむくみが起こります。
 

5.運動不足・冷え

⇒運動不足になると筋肉の量が減ってしまいます。
筋肉の量が減ると新陳代謝が悪くなり冷えてしまったり、ふくらはぎの筋肉が減ってしまう事による筋ポンプ作用がうまく働かないためむくみやすくなります。
冷えることにより血行が悪くなってしまいます。先ほどもお話ししたように血行が悪くなると不要な水分や老廃物が溜まることによりむくみが起こります。
 

6.病気によるむくみ

心臓病により心臓の働きが悪くなってしまったり、腎臓病により腎臓の働きが悪くなってしまう事が原因でむくむこともあります。
その他にも女性ホルモンの影響や薬による副作用もあるのでこのような場合は病院での受診が必要となる場合もあります。
 
 

むくみの解消法とは?

それではむくみを解消するにはどんな方法があるのでしょうか?解説していきましょう。
 

1.マッサージ

⇒こちらは実践者もとても多いのではないでしょうか?
特に足に関していえばマッサージをすることでほとんどが解消されます。
方法としては足の裏からふくらはぎへと指の腹や手のひらを使い身体の中心に向かって流していくイメージで行っていくと効果的です。
あまり強すぎるのはよくありませんので優しく丁寧に行う事が重要になります。
できれば太ももの付け根あたりまで行う事が望ましいです。
 

2.長時間の同じ姿勢を避ける

⇒こまめに体制を変えたり仕事の合間であれば軽いストレッチを入れるなどして長時間同じ姿勢でいることを避けましょう。
こうすることにより血行をよくしたり冷えも予防できます。
 

3.運動

⇒軽い運動でも構わないので運動を習慣づけ筋肉量を増やす事が重要になります。
筋肉量が増えることでふくらはぎの筋ポンプ作用が正常に働いたり、冷えの解消にもつながります。
 

4.お風呂につかり身体をしっかりと温める

⇒これはお風呂につかることにより体が温まり汗をかくことにより余分な水分を外に出してくれる効果もあります。
他にも冷えの解消にもつながります。
 

5.食事

⇒むくみは食事の影響も受けやすいです。
塩分の取りすぎがむくみに良くないという事もありますがここではとるといいものは何なのか紹介していきます。
 
カリウム・・・利尿作用があり余分な水分を外に出してくれます。イモ類やキノコ、海藻、ばななやスイカにも多く含まれています。
夏にむくみが気になる方はスイカを取るとむくみに効果的です。その他にもきゅうりといったものも効果的になります。
夏野菜はむくみにいいものが多いです。
 
タンパク質・・・タンパク質には血液中に水分を蓄える効果があります。豆類や肉、卵などを積極的にとるようにしていきましょう。
更に小豆、豚肉はビタミンB1も多く含んでおりこれもむくみに効果的です。
 
その他にもビタミンEやクエン酸なども効果的になりますので積極的に摂取していきましょう。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?むくみには様々な原因と解消法があります。
自分でマッサージをしたり運動したりといった少し面倒なものもありますが中には食事改善や仕事の合間のストレッチといった簡単に実行できるもあります。
日々仕事に追われて気づいた時にはひどいむくみが・・・という事のないよう自分の身体のチェックと予防を行っていきましょう。
どうしても自分でやるのが面倒な方や大変という方は是非当店にお越しください!
無料相談やアドバイスも行っております。

 

ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ