札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


理想の睡眠時間は何時間?

すべての人が人生の約三分の一近くを使う睡眠ですがいったい睡眠時間の理想の時間とは何時間なんでしょうか?
そして睡眠が体に及ぼす影響とはどんな事があるのでしょうか?

理想な睡眠時間は人により違う?

有名人などの睡眠時間はとても短い人もいればとてつもなく長い人もいます。
例えば芸術家のレオナルドダウ‘‘ィンチは1時間半の睡眠だったとも言われています。
他にもナポレオンや明石家さんまさんも短い睡眠だと言われていますね。
逆に長い人の場合はアインシュタイン、10時間も眠っていたとも言われています。

その他に豆知識として草食動物は睡眠が短い傾向にあり肉食動物は長い傾向にあるそうです。

誰もが知っている有名な方々ばかりですが短い人もいれば長い人もいます。
では睡眠は脳の回転や体には影響ないのでしょうか?


睡眠の仕組み

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の二つの周期からなります。
レム睡眠は眠りが浅く脳が覚醒状態にあります。
またノンレム睡眠は脳が働いていない状態なのでこの時にはおきづらくなっています。
この二つの周期は約90分毎に繰り返されます。
この時間にも個人差があり自分の理想の周期を知ることも大切になります。
また子供の成長期に睡眠時間が少なくなってしまうと成長ホルモンの分泌が悪くなり発育が悪くなるといわれているので注意が必要です。

すっきりと目を覚ます起き方

基本的には4時間半から90分刻みの時間が目を覚ましやすいです。
4時間半:6時間:7時間半これらは入眠から数えてになります。
この時間の途中などで目を覚ますと起きたときにぼーっとしたり体が重く感じたりします。
理由としてはノンレム睡眠時で脳が深く休んでいる状態だからです。


睡眠時間が短いとどんな影響がある?

睡眠不足が及ぼす影響として肥満、高血圧、集中力の低下といった症状を引き起こします。
どうやら睡眠不足の人は十分な睡眠の人と比べて食べる量が多くなるといったデータがあります。
睡眠不足により満腹感が得られないのが理由のようです。
また高血圧に関しても睡眠不足の人が特に高い傾向にあるようです。
海外の研究では高血圧以外にも86個の病気に影響を及ぼすとまで言われています。
集中力の低下は皆さんも経験があるのではないでしょうか?
集中力の低下には一番分かり易く影響を与えています。車の運転は特に気を付けましょう。

これは個人的な感覚ですが睡眠時間が短い方は体の筋肉も張りやすい傾向があるように思います。
特に背中の筋肉がバンバンに張っている方が多いです。
やはり睡眠時間が短いことにより体の疲れ自体が取りきれずそれが続くにつれどんどん蓄積していくことが大きな要因ではないかと思います。

理想の睡眠時間は?

今までのまとめとなりますが理想の素民時間はどれくらいがいいのでしょうか?
有名人や偉人は短い睡眠時間の方も多くいますが一般的な僕たちはやはり最低でも4時間半、それ以下になってしまうと集中力の低下が大きくみられるでしょう。
逆に長すぎる睡眠時間もあまり良くないとも言われています。
死亡率が増加するそうで、その理由としてはレム睡眠時の時間が長いと交感神経に悪影響を及ぼしてしまう事によります。
なので理想としては6時間から7時間半が理想と言えるでしょう。

なお休日の寝だめもあまり良くないので注意が必要です。
大事なことは常に理想の睡眠時間を維持していくのがよさそうですね(^_^)

マッサージには睡眠の質を上げる効果もあると言われています。
睡眠の質が悪い方や気になることがある方は是非一度マッサージを受けてみてください!効果にびっくりしますよ(^O^)


ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ