札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


腰痛は筋トレで解消する?

本日は筋トレにより腰痛を解消できるのかという事について書いていきたいと思います。
まずよく言われるのが筋肉が少ないために腰痛が起こるということがよく言われています。
しかし実際の所スポーツ選手でも腰痛になることがありますよね?それは一体なぜなんでしょうか?
そして腰痛解消のための筋トレは存在するのでしょうか?

腰痛と筋トレの関係は?

腰痛と筋肉量は切っても切れない関係があります。
というのも筋肉量が少ないと腰痛になるというよりなりやすいという事があります。
なぜかというと体の中心を支える脊柱とよばれる骨があります。その骨がぐらぐらしていたりしっかり支えることができないとどうなると思いますか?
そうなんです骨盤や脊柱がゆがんでしまうのです。
そうなると必然的に腰痛が発症してもおかしくないという事になります。
それではなぜ筋肉がたくさんあるプロのスポーツ選手も腰痛になってしまうのか?
腰痛が起こるプロセスとして筋肉量のほかに使い過ぎによる軟部組織のダメージや筋肉硬くなってしまう事による起こる腰痛もあります。
これらは筋肉量自体が問題ではないことが想像つくと思います。
筋肉量がいくらあっても普段使いすぎたり負担がかかりすぎてそれに対するケアをしっかりしないと腰痛が起こってしまうという事になります。
なので普段そんなに腰に負担がかかることをしていないのに腰痛になっているという方は筋肉量が少ないがために起きている腰痛であるという可能性が高いです。

腰痛を解消する筋トレ

それでは筋肉量が少ない人の為の腰痛解消筋トレをいくつか紹介していきましょう。

1.スクワット

⇒こちらは腰回りや股関節、臀部、太もも周りの筋肉を強化してくれます。
スポーツジムでやる大掛かりなものではなく自分の体重のみで行う負担の軽いものとなっていますので簡単にできます。
ポイントは両手をまっすぐ伸ばし膝がつま先より前に出ないように注意します。そのまま太ももを地面と平行になるくらいまで腰を落としていきます。
最初の内はこれを一日10回程度でいいでしょう。やり方を間違えるとかえって腰に負担になりますので注意が必要です。

2.体幹

⇒体をまっすぐ伸ばし地面に両肘から前とつま先のみをつけてまっすぐ前を向きます。このままの状態で30秒から60秒ほどキープします。
これだけでもかなりきついはずです(笑)慣れてきたら時間を徐々に伸ばしていきましょう。
これは体幹のインナーマッスルと呼ばれている部分を鍛えます。インナーの筋肉を鍛える事で骨盤や背骨を正しい位置でキープできるので腰痛に効果的な筋トレになります。

3.背筋・腹筋

背筋・腹筋も腰痛解消に重要な筋トレになります。
背筋はシンプルにうつぶせに寝ていただき上体と足をそらすような形で行います。
腹筋は足を軽く曲げて勢いで行かずにゆっくりと持ち上げるイメージ行いましょう。
しっかり効かせるようにすることが重要になります。回数は10から20回程度できればいいでしょう。

筋トレに関する注意

このように腰痛の解消法として筋トレをいくつか紹介してきましたが行っていい場合と行わない方がいい場合があります。
ぎっくり腰になった時やヘルニアなどの急性期は絶対にやってはいけません。必ず安静にして冷やしてあげてください。
他にも上に書いたのはあくまでも目安になります。個人差もあるので必ず無理をしない程度から始めるのがコツになります。
腰痛を治すために筋トレして痛めてしまったら元も子もありませんからね(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?本日は腰痛解消の筋トレについてお話しさせていただきました。
こちらで紹介したのはあくまで一例で使い過ぎによる腰痛なのか筋肉量による腰痛なのか判断が難しい場合もあります。
実際は両方の原因が混在していることも多くあります。なので自分では判断がつかない場合や筋トレをしても腰痛が改善しない場合などは一度プロに原因を確認することも一つの手かなと思います。
もし腰痛でお悩みの方や今回の筋トレで解消されないという方は是非一度ボディケアサロンHOMEへご相談ください。

ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ