札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


腰痛と腹痛が同時に来るのは何のサイン?

こんにちは!本日は腰痛と腹痛が同時に起こった時の原因について書いていきたいと思います。
ただでさえ辛い腰痛ですがそんなときに腹痛まで起こると本当に辛いですよね。
しかしそれは体からのあるサインが出ていることかもしれないのです。
そんなサインを見逃さないようにしていきましょう。

腰痛と腹痛が同時に起こる原因

心筋梗塞

心臓の血管が詰まってしまい血管が壊死してしまう疾患で主に胸が痛くなると思われている方も多くいらっしゃると思います。
しかし心臓の神経はは腰の神経が通る所と同じ場所を通っているので腰に痛みが出たり腹部に同時に痛みが出ることもあります。
その他にも背中や肩に痛みが出ることもあるので注意が必要です。

虫垂炎

こちらは以前の記事でも書きましたが腹部だけではなく稀に腰部に痛みが出ることもあります。
激しい痛みの際は虫垂炎を疑って見てもいいでしょう。

胃・十二指腸潰瘍

こちらは腹痛の中でもみぞおち付近に痛みを伴う事があります。
同時に腰に痛みが出る場合もありますので日頃ストレスを抱えている方は疑ってみてもいいかもしれません。
その他にも似ている症状として胃炎などもあります。

肝臓・胆嚢の疾患

肝臓の病気や胆のう炎等の胆のう疾患の際に腰部と腹部に痛みを伴う場合があります。
肝臓は症状が重篤化してからでないと痛みとなって現れないことがほとんどです。
何か異変があった際はすぐに病院にかかることをお勧めします。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは大腸の運動分泌障害です。
検査ではあまり所見が見られないのに便秘下痢を繰り返す疾患とされてます。
20~40代の若い世代にも多いことが特徴で原因としてはストレスや自律神経の異常、不規則な生活をしている人に多くみられます。
症状としては先ほども上げた便秘や下痢、腹痛などが挙げられます。
さらにこの疾患により腰部の筋力低下がみられその事が原因で腰痛も発症したり腸の痛みよる関連痛として腰にも痛みが出る場合があります。

婦人科疾患

女性特有の症状として婦人科疾患系の腹痛に伴い腰にも重だるい鈍痛のような痛みが出る場合もあります。
その他にも女性に多い骨粗しょう症が原因で腰部の仙骨に炎症がおこることで腰痛が同時に起こってしまう事もあります。

腎臓疾患

腎臓というのは丁度腰の後ろ側にある臓器ですがこの腎臓になんらか疾患があった場合腰やお腹に同時に痛みが出る場合があります。
お腹や腰のあたりが気持ち悪いような不快感を伴う場合は病院に受診してみた方がいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は腰痛と腹痛が同時に起こった際の原因についてお話していきました。
腹痛腰痛が同時に起こるという事は体からの何らかのサインが出ており、内臓に関連する痛みの可能性も大きいです。
体からのサインを見逃していては後で取り返しのつかない事にもなりかねませんのでこのような症状が出た際には一度病院に受診してみることをお勧めします。
 
 

ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ