札幌市のボディケアサロンHOMEは国家資格保有者による丁寧な腰痛治療が受けられます。

ボディケアサロンHOME(ホーム)


腰痛に関係する筋肉

皆さんこんにちは!日々の仕事で夜鬱に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
腰痛が起こる原因は筋肉であったり骨であったり神経であったりまたは内臓疾患であったりと色々な要素があります。
その中でも本日は腰痛に関連する筋肉について詳しく解説していきたいと思います。

腰痛の原因となる筋肉

大腰筋

大腰筋の起始部は第12胸椎から第4腰椎椎体または肋骨突起から始まり大腿骨の小転子と言われる部分に付着しています。
作用としてはメインが股関節の屈曲、若干ではありますが股関節外旋にもかかわってきます。
この筋肉はインナーマッスルとしても知られており腰痛とは深くかかわる筋肉になります。
この筋肉が硬くなってしまう事で腰本来の柔軟性がなくなりスムーズに動かすことができなくなってしまいます。
その事により腰の他の筋肉に影響し全体の動きや血流が悪くなることで腰痛が発症します。
また姿勢を保つためにも重要になってくる筋肉になるのでこの筋肉が硬いと姿勢も悪くなってしまいます。
さらに大腰筋が硬くなることで血流不足から代謝も悪くなりダイエットなど効率も悪くなるとも言われています。
デスクワークが多い方や車の運転が多い方など座り仕事の方は特に硬い方が多いです。
腰痛治療に関してはこの筋肉をほぐしていかないと根本の改善になりません。

腸骨筋

腸骨筋は大腰筋と合わせて腸腰筋と呼ばれたりもします。起始部は腸骨カからか下前腸骨棘から始まり大腰筋と合流して小転子につきます。
この筋肉も大腰筋と同じように股関節屈曲に作用します。
こちらの筋肉も股関節の動きに関係する筋肉なので座り仕事の方が硬くなりやすいです。
腸骨筋は最深部につく筋肉であることからインナーマッスルの中のインナーマッスルという事でしょう。
あまり知られていない筋肉ですがこちらも硬くなってしまうと骨盤の動きが悪くなってしまうので大腰筋と同様に姿勢が悪くなったりダイエットの敵となる筋肉です。
腰痛の方にこの筋肉をマッサージするだけで楽になったという例もあります。

大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋は上前腸骨棘から始まり脛骨外側顆につき腸脛靭帯へと続いていきます。
この筋肉の作用は大腿の屈曲、外転、内旋といった作用があります。
この筋肉が硬くなってしまうとなぜ腰痛が起こるかというと本来人間の重心というのは内側にあるのが理想です。
しかしその重心が外側にかかりすぎていると腸脛靭帯や大腿筋膜張筋が張ってしまう事により腰への負担が大きくなってしまうのです。
そのためこの大腿筋膜張筋が硬くなってしまうと腰痛を発症する可能性が高くなります。特に外側の腰が痛くなることが多いです。

中臀筋

中臀筋は臀部につく筋肉で人体の筋肉ではかなり大きい筋肉になります。
起始部は腸骨翼の殿筋面、腸骨稜から始まり大転子外側面に付着します。
中臀筋はとても腰と関係深い筋肉になりこの筋肉をマッサージしてあげることで腰痛や腰のだるさが取れてしまう事もあります。
動きは股関節の外典がメインの動作になります。
腰痛に関して言えば臀部の筋肉を柔らかくしておけばかなり楽になるでしょう。

ハムストリングス

ハムストリングスは太ももの裏側につく筋肉の総称になります。
細かく分けると大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の3種類(大内転筋を含む場合もある)になります。
起始部は坐骨結節から始まり脛骨・腓骨に付着します。
こちらの筋肉は股関節の屈曲・伸展に作用します。
腰痛との関係性はこのハムストリングスが硬くなってしまう事で腰や臀部に負担が増えてしまうために起こ事が多いです。
この筋肉の張りや硬さが出たら放っておかないでケアすることをお勧めします。

大腿四頭筋

こちらの筋肉は太ももの全面にあり大腿直筋・中間広筋・外側広筋・内側広筋の4つの筋肉から成り立ちます。
大腿直筋は下前腸骨棘から始まり中間広筋・外側広筋・内側広筋は、大腿骨から始まります。
停止は膝蓋骨に付着して膝蓋靭帯になり腱骨粗面に付します。
作用は膝関節の進展・大腿直筋に限り股関節の屈曲もあります。
この筋肉が硬くなり縮んでしまう事により骨盤が前に傾いてしまいます。そのことが原因で骨盤周りについている他の筋肉が引っ張られ負担がかかってしまいます。
骨盤周りにつく筋肉が多いのは腰部の筋肉になりますから腰痛が発症することが多くなってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?本日は腰痛に関係する筋肉について紹介してきました。
もちろん他にも関連する筋肉はありますが紹介した筋肉をマッサージしていく事で腰痛が楽になることが多いでしょう。
 
 
 

ボディケアサロンHOME(ホーム)のご案内

住      所:

〒060-0062
札幌市中央区南2条西7丁目2-2 鈴木興産ビル4階

アクセス:

各線:大通駅より徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
011-215-0875
営業時間:

11:00~21:00
(土日祝~20:00)

休業日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ